講演一覧

日時

講演・分科会名

講師

1日目
11
18()

10:0012:30

講演① シンポジウム

~相模原の事件について~

獨協医科大学越谷病院こころの診療科 教授
井原 裕先生

筑波大学医学医療系社会精神保健学教授
斎藤 環先生

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター

精神保健研究所 薬物依存研究部 部長
松本 俊彦先生

14:0016:00

講演② 市民公開講座

~暮らす、働く、生きていく~

松本ハウス

2日目
11
19()

10:0011:30

講演③ 教育講演

~ユマニチュード® 基礎となる考え方と技術~

ジネスト・マレスコッティ研究所 日本支部 代表
独立行政法人 国立病院機構 東京医療センター 総合内科医長
本田 美和子 先生

13:0015:45

講演④ 特別講演

~オープンダイアローグの実践~

翠会みどりの杜クリニック 院長
森川 すいめい 先生

ダウンロード
170607_講演概要.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 272.3 KB

分科会一覧

日時

分科会名

概要

担当

2日目
11
19()

午前

分科会:

リワークにおける新たな試み

リワーク機関が増える一方、発達障害や回避傾向の強い利用者も多く、
新たな工夫、取り組みを取り上げます。

三木メンタルクリニック
医師 三木 和平

分科会:

リカバリーカレッジを知る

近年、英国を中心に「リカバリーカレッジ」という取り組みが
広がりつつあり、本邦でも注目を集めています。
この取り組みは、「リカバリー」を中心に据えた様々な講座を、
当事者と専門職が協働で企画運営し、
誰もが「学生」という同じ目線・立場で学び合う事を特徴の1つとしています。
分科会では、新たな取り組みを見聞する事、
医療サービスの在り方を再考する事などを目的に、
カレッジの特徴や実施方法を、
講義及び関係者のクロストーク、

質疑応答などを通じて体感して頂く予定です。

横浜市総合保健医療センター
OT
 田原 智昭

分科会:

運動プログラムの取り組みに

ついて現状と課題

様々な形で精神障碍者スポーツに関わっている方々に
現状と課題を発表いただきます。

さいとうクリニック
PSW
 後藤 和馬

分科会:

認知行動療法の光と影

現在、認知行動療法は診療報酬化され、

うつ病だけでなく不安症など様々な疾患に用いられるようになっています。

しかし治療である以上、その治療に伴う副作用や

有害事象といったことが存在しないわけではありません。

本分科会では、認知行動療法の副作用を考え、

どのように対処していくべきかを考えていきます。 

座間メンタルクリニック
医師 金 廣一

午後

分科会:

これからの医療型就労支援の

あり方について

企業で働く当事者の体験談や就労支援の実践報告を通して、
医療機関が行う就労支援のあり方を考えていきます。

汐入メンタルクリニック
PSW
 吉家 洋

分科会:

ピアスタッフの雇用について

ピアスタッフの雇用や活用という言葉が流行していますが、
まだまだ現状は難しいところも多くあります。
本企画では、実際に一緒に働いている者・雇用されているピアから
実際の話を伺い、後半はピアを雇用する上で何が障壁となっているのか
グループワークを通じて検討できればと考えています。

汐入メンタルクリニック
PSW
 有川 雅俊

分科会:

ケア-1グランプリ

地域ブロックごとに分かれ、楽しく事例検討を行います。
オリジナリティあふれるケアプランを出し合う中で、
地域の中での機関の役割と各専門職の役割を再考する機会とします。
また、講師による、事例検討に関する講義やアドバイスもあり、
新たな知識や視点を得ることができます。

座間メンタルクリニック
PSW
 小池 孝明

分科会:

認知症~医療とケア~

重度認知症デイケア、初期集中支援チーム、疾患医療センター診療所型など、精神科診療所だからできる認知症へのアプローチがあります。
今、改めて認知症の医療・ケアについて考えてみたいと思います。

うしおだ診療所
医師 野末 浩之

ダウンロード
170727_分科会概要.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 303.3 KB
ダウンロード
11/18タイムテーブル(PDF)
time_table_1118.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 246.7 KB
ダウンロード
11/19タイムテーブル(PDF)
time_table_1119.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 262.8 KB